犬・猫などの動物の葬儀なら、ペット葬儀・ペット火葬・ペット霊園を比較

オススメペット葬儀業者
Pick up! 地域で探す
お役立ち情報
ペット葬儀の生い立ち ペット葬儀業者を選ぶ際 後悔しないペット葬儀業者
ペット葬儀の後に
ペットが亡くなった時の心構え ペットロス症候群
インフォメーション
ご利用規約 会社概要 葬儀業者様へ
ペットが亡くなった時の心構え

万が一ペットが亡くなってしまったら・・
ペットが安心できる場所に体を寝かして体を清め、そして、どのようなペット葬儀にするかということを考えます。 活発で他のペットや人と交流するのが大好きなペットや家にいることが好きなペットなど、さまざまなペットがいて、家族がいるように特に宗教や習慣もないので、いろいろなアレンジすることができる見送りがペット葬儀です。

万が一の場合に混乱してしまわないよう、以下のことを念頭に置きましょう。

ペットのお体の扱い方
毛並みを整えます。続いてタオルなどをぬるま湯で湿らせ、しっかりと絞りお体を拭いてあげてください。
お口やお鼻、お尻から体液や汚物が出てきている場合は、綺麗に拭いてあげてください。拭いても出てきてしまう場合でも、その都度拭いてあげてください、時間の経過とともに落ち着いてきます。
手足を自然な格好で寝ているようにやさしく整えてあげましょう。

お体のいたみをおさえるため、アイスノン(保冷剤)や、氷(氷の場合は水分がしみ出さない様にビニールで包んだ後、乾いたタオルで包む)を3~5個くらい準備し(大きい子の場合は少し多めに)、お腹の辺りを中心にあててあげてください。
また、夏場は冷房を入れ室温を下げてください。(定期的に換気をして下さい。)

葬儀場・葬儀の日時を決めておく
葬儀の日時を、家族などと話し合って決めましょう。
また、数あるペット葬儀業者から、あなたが安心してペットの最期を見届けることができそうな業者を選びましょう。

大切な家族のために、ペットが幸せに見送ることができるのは飼い主の人だけです。どんな方法があるのか知らない場合は、ペット葬儀を選ばないといけないなどと焦っていても何も始まらないので、いつでも丁寧にどんなペット葬儀があるのか、どんな方法を行っているのか、それぞれのペット葬儀の特徴を知って、その中から自分のペットに合ったペット葬儀を行うようにしてくださいね。