犬・猫などの動物の葬儀なら、ペット葬儀・ペット火葬・ペット霊園を比較

オススメペット葬儀業者
Pick up! 地域で探す
お役立ち情報
ペット葬儀の生い立ち ペット葬儀業者を選ぶ際 後悔しないペット葬儀業者
ペット葬儀の後に
ペットが亡くなった時の心構え ペットロス症候群
インフォメーション
ご利用規約 会社概要 葬儀業者様へ
ペット葬儀の生い立ち

一昔前は自宅の庭に土葬するのが一般的でした。 しかし、最近では人間と同じほとんどのご家庭がペット葬儀を行うようになりました。 ペット葬儀で先に死んだ亡骸を葬り、供養し、永遠の 思い出に昇華することができます。ペットもあなたが火葬をしてくれるのを望んでいるはずです。 それが、残された飼い主のみがなし得る 最後の魂の交流です。

犬や猫などの動物は、単なるペットではなく、コンパニオン・アニマル(伴侶動物)と呼ばれています。このような時代からこそ、生前に可愛がっていたペットを弔ってあげたいという飼い主が出てくるのは当然です。

昔は、ペットが亡くなったら、庭に埋めるか、役所や自治体に連絡して引き取ってもらうことが普通でした。 ですが、住宅事情により、庭がない家庭では、ペットの遺骨を自分の庭に埋めることは難しくなってきています。
また、自治体では、ペットの亡骸は「ゴミ」と同様に処分されるので、心苦しい飼い主も多かったのも事実です。
このようなことから、ペットをきちんとした形で弔い、お別れをしたいという飼い主が増えてきたのが、ペット葬儀を行う最大の理由です。

ペットの葬儀とは、一般的に火葬後、遺骨を専用の墓地や納骨堂に納め、お彼岸には慰霊祭を行います。
民間のペット霊園は、首都圏だけでも100ヶ所以上あるといわれています。
火葬場や納骨堂、専用の墓地を備えているところも多く、 読経や移動の火葬車などさまざまなサービスがあります。